パンク侍が実写映画化!キャストや登場人物に北川景子!?ネタバレも!

さて、今回はあのパンク侍が実写映画化ということだったので、ここでいち早く紹介したいとおもいます!

 

 

 

さて、このパンク侍の実写化ということですが、一体気になるパンク侍の内容とは!?

スポンサーリンク





スポンサーリンク





キャストや気になる登場人物は!?

 

 

 

気になるキャスト情報ですが、まだ目撃情報の段階です。

 

 

しかし、今のところ確実に特定される人物は、綾野剛と北川景子のお二人です。

 

 

 

綾野剛さんはニュースにもなっていますが、主演を務めます。

 

 

 

しかし、まだ作成段階であり、準備の段階なので、詳しい出演者の情報は公開されていません。

 

 

 

 

北川景子さんがなぜこの映画に出演することがわかっているかというと、映画村で北川景子と綾野剛が撮影をしているのが目撃されているからです。

 

 

 

ということは、北川景子さんの役が、たとえ脇役だとして確実に彼女は登場するでしょう。。。

(まあ、彼女が脇役ということはないですよね。。。w)

 

 

 

 

パンク侍のネタバレ!

 

 

パンク侍とは一体どのような物語なのでしょうか?

 

 

 

 

時代設定は、江戸時代です。

 

 

牢人の掛十之進は、黒和藩に就職するために「腹ふり党という宗教団体が、この藩を滅ぼそうとしている」とウソの情報を発言して、黒和藩へ就職するという設定で物語は進んでいきます。

 

 

実は、掛十之進は大きな過ちをおかします。それは、腹ふり党はすでに滅んでいたため嘘をついたとして死刑を言い渡されるのです。

 

 

 

 

しかし、そこで終わらないのが、掛十之進!

 

 

 

死刑を言い渡されたのにもかかわらず、『腹ふり党をでっち上げる』と言うとんでもない作戦を思いつく。。。

 

 

 

こうして、物語は進んで行くことになる。。。

 

しかし、とてもクセが強い作品だ。。。。

 

好きな人はクセにてしまうだろう。。。。

 

 

綾野も「宣伝不可能な作品が生まれようとしていますもう後戻りできません」と興奮気味にコメントを残しているほど、今回のパンク侍はイン上深い作品になる予感がする。

 

 

 

『パンク侍、斬られて候』の著者の感想

 

 

 

個人的には本当に久々にのめり込むことができた小説でした。

 

 

というのも、小説自体がとてもユニークな作品になっており、読み進めていくうちにどんどん吸い込まれていくような不思議な感覚に襲われました。

 

 

最初は残酷なシーンがありますが、その後はそんなこともなかったような面白い展開担っていきます。

 

 

さすがは江戸時代という設定だけあって、ご法度なことはご法度なのです。

 

 

 

 

掛が黒和藩に召し抱えられて腹ふり党のウソの情報を流した罪に問われた辺りからの展開には注目です!

 

 

 

 

と、綾野剛が演じる掛十之進がどのような展開を見せてくれるのかは、本編を見てからのお楽しみ。。。

 

 

 

 

 

しかし、まずは映画を観る前に小説を読みたいと思っている人もいると思うので、

 

 

 

 

 

そんな人はまずは小説を読んで映画の予習はどうでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です